QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
けろっぴ

2010年06月27日

【注目すべき報道】友好どころかピリピリ…

下記のような報道は注目すべきだと考えます。

安全保障や防衛から目を背け続けた我が国日本はどこへ行こうとするのでしょうか。
このような事態を招いた責任は政治家や官僚だけでなく、国土郷土の防衛をないがしろにしてきた私たち国民にもあると思います。
当日の現場では相当な苦心があったと推測されます。
自衛官の皆様、日々の訓練誠にお疲れ様です、有難う御座います。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20100626/plt1006261509001-n2.htm
友好どころかピリピリ…自衛隊と中国人民解放軍が初交流
2010.06.26

 昨年の日中防衛首脳会談での合意に基づき、中国人民解放軍と自衛隊による部隊レベルの交流が今月、兵庫県伊丹市で行われていたことが分かった。日中の歴史上、初の画期的な出来事だが、中国海軍の軍備増強など東シナ海での緊張を抱える時期だけに、お互いにピリピリムードが漂い、友好からはほど遠い雰囲気だった。

 日中防衛首脳会談は昨年、北京と東京で行われ、中国の軍区と陸自方面隊レベルが相互理解、信頼関係の構築を目的に交流していくことで合意した。これを受け、中国全土に7軍区を持つ人民解放軍のうち、山東省済南市に司令部を置く済南軍区の司令員、范長龍上将ら高官8人が来日。創隊50周年を迎えた伊丹市の陸上自衛隊中部方面総監部を今月15日に公式訪問した。

 一行は応接室で角南俊彦総監(陸将)と懇談した後、部隊概要や武器・装備品の説明を受けた。その際、范上将は七四式戦車や自走りゅう弾砲について「射程は?」などと質問したが、自衛官は「お答えできません」と回答を拒否。すると、范上将は随行武官に中国語で「この砲の自走速度が16キロとは遅すぎるね」とやり返し、自衛官の顔が引きつる場面もあった。

 角南総監は「部隊間交流により、相互理解と信頼関係の増進がはかれることは意義深い」と話したが、中国側からのコメントはなかった。

 今回の交流について、軍事専門家は「中国海軍艦船が沖縄の公海上を白昼堂々と突っ切ったり、訓練中のヘリが警戒監視の海自護衛艦に異常接近するなど、緊張を抱えた中での実施。対中接近姿勢の強い民主党政権下だけに、日中間の政治経済上の思惑を感じる」と話している。
  


Posted by けろっぴ at 23:19Comments(0)

2010年06月11日

春の雪



上記の映画の続編はいつ製作されるのでしょうか。私が当時『春の雪』制作発表の報道に接したとき、激しく興奮したのは、『春の雪』制作発表自体よりもその続編『奔馬』の制作も計画されていると一人合点したからでした。三島氏の作品といえば『潮騒』、『金閣寺』など政治色のない作品が教科書の年表にも登場しますが、三島氏の長編で「どれか一つ選べ」と言われれば、私は迷わずこの『奔馬』を挙げます。前半で展開するヒロイン槇子と主人公勲との清廉であるが濃密な恋愛劇、後半で展開する法廷劇の息詰まる心理描写、そしてそこに効果的に立ち現れてくる主人公勲の前世からの「縁(えにし)」、それらを三島氏の持つ華麗な小説技巧と論理的文体の強靭な推進力で見事に纏め上げた傑作の一つとしてもっと評価されて良いように思うのです。主人公勲は昭和初期の國學院に在学するいわゆる「極右」の学生ですが・・・。いずれにしろ、氏が占領下に24歳で発表した『仮面の告白』に登場する初恋の人「園子」のモデルとされた人物(ネット上の検索でヒットする人物とは別人 出典 )を知っていて読むと思想や政治色は抜きにして、『春の雪』から『奔馬』へと続く流れはまた別の清新な色合いを帯びてきます。

短編で「どれか一つ」と問われれば、躊躇なく『英霊の聲』を挙げます。
「真の勇気とは
 見ることだ
 見ることだ
 見ることだ」
と敵艦に体当たりした特別攻撃隊の英霊が語る「聲」では日本語の持つ迫真性に戦慄し、

「などてすめろぎはひととなりたまひし」

という有名な結句に日本語の持つ情念の深さを知りました。とくにこの「などて・・・」という有名な結句は英霊が上御一人に発しているのではなく、私たち「戦後日本人」に向けて発せられているように思えます。今年は三島由紀夫氏没後40年です。


【お知らせ】
第7回丸坊主サロン

◆講演テーマ 「民主党を不当に除名された、現職都議会議員が語る 偽装マニフェストの真相!」
◆ゲスト 土屋敬之 東京都議会議員
◆日時 6月12日 土曜日 14:00〜16:00
◆場所 戸井田とおる事務所2階(姫路市本町68大手前第一ビル)
◆参加費 2,000円【お一人様】

<お申し込み・お問い合わせ先>
戸井田とおる事務所
TEL. (079) 281-7700
FAX. (079) 281-7707
E-Mail: info@toidatoru.com (@は半角にしてください)

戸井田とおる氏と土屋敬之氏は中学高校の同級生だそうです。


日本会議兵庫 中・西播磨支部では下記の学習会を予定しています。    
日本会議兵庫 中・西播磨支部 平成22年度第2回学習会
【親子で学ぼう日本文化】
 内容: 「 「立志」を野口英世に学ぶ 「勉学」を勝海舟に学ぶ」
 日時: 6月26日(土)14:00〜
 場所: 姫路護国神社白鷺宮参集殿
 会費: 一般・学生500円 中・高校生200円 ※別途テキスト代
  


Posted by けろっぴ at 03:34Comments(0)