QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
けろっぴ

2010年11月17日

【11/13】 第五管区海上保安本部へメッセージを届けました

11月13日午後、前衆議院議員 戸井田とおる事務所様の協力で集めた「海上保安本部への感謝・応援メッセージ」と夕刻神戸三宮で三木けえさん(前三田市議会議員)と街頭で集めた同応援メッセージを、総合庁舎受付で身分証を提示した後、第五管区海上保安本部に赴き総務課の方に直接手渡しました。突然の来訪に総務課の方は驚いた様子でしたが、姫路と神戸で集めた「Sengoku38氏」と第五管区海上保安本部の方への応援メッセージである旨を説明すると、担当の方はうやうやしくご自分の頭上に掲げ、「有難う御座います!」と丁寧に受け取っていただけました。「私たち日本国民は海上保安庁の皆さんを応援しています」と伝えると小生の目を見つめて力強く頷いておられました。

民主党政権は支那(CHINA)に媚びへつらう隷属外交を繰り返し、領海保全・安全保障の重大事である「尖閣沖中国漁船による暴挙」の証拠動画を闇へ葬り去ろうとしました。これは国民の利益・国家の安全に責任を負うべき政府による国民への背信・背徳行為であります。その自分たちの罪には頬かむりし、その証拠動画を白日の下にさらした正義感と愛国心ある一国家公務員に事態の全責任をなすりつけ、逃げおおせようとする菅首相、仙谷官房長官をはじめとする民主党政権を私たち日本国民は許すべきではありません。政府も報道も頼りにならないのであれば、私たち国民が行動しなければなりません。自分一身の利益や名利などは関係ありません。

「Sengoku38」海上保安官氏自宅の家宅捜索では家の中から「いやだ、いやだ」という子供の涙声が聞こえてきたといいます。日支の利益が衝突する「領海問題」は無能な民主党政権により、43歳の一国家公務員に背負わされています。家族までを犠牲にしている海上保安官「海の男」の窮状を見て、日本国民として安穏と指をくわえて傍観するわけにはいきません。現在日本会議では、全国規模で「領土領海を守るための請願署名運動」を展開しています。戸井田とおる事務所様でも受け付けさせていただいております。皆様にもご協力いただければ幸甚です。

尖閣問題の陰でも公安関係機密資料の漏洩(11/12現在、日本国内で4800台近く、海外では82台-露西亜・支那【CHINA】含む-のパソコンにダウンロード)、朝鮮学校無償化方針決定など、雪崩のように「国家の危機」が押し寄せて来ています。皆様のご支援・ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。


【皆様から頂いた応援メッセージの一部ママ】

・流出したビデオは全部ではないと思いますが、はっきりと中国船からぶつかってきたと分かったので良かったです。センゴク38さん支援します。
63才 女性

・いつもおつかれさまです。ありがとうございます。色々大変ですががんばってください。
28才 男性

・政府より国益を考えていらっしゃることに感謝致します。
26才 女性

・領土領海を守ってください。心から応援しております。
65才 男性

・日本の領土を守る為の当然の行為であるので、勇気ある行動に感謝しています。これからも、領土を守る強い誇りと意志を持って職務につとめてください。宜しくお願いします。
23才 男性

・映像流出として海上保安庁の方が自分から名乗り出て事情説明をしておられる方は責任あるお方です。政府与党として党首と官房長官は頼りないです。中国の言いなりになっているのでしょうか、自分の国の国民を守る気があるのですか。
81才 男性

・菅政府の対応が罪つくりをしてしまった。責任は政府にあり、総理大臣、センゴク官房長官、担当大臣は責任を取るべきだ。
73才 女性

・日本国民として感謝しています。あなたの勇気をたたえます。
25才 女性

・ガンバッテください。これからも日本を守ってください。
39才 女性

・国益のためによくやって下さいました。ありがとう。
29才 男性

・今回はありがとうございます。海上保安官は完全に無罪です!
22才男性

・いつも日本の海を守ってくださってありがとうございます。お体に気をつけてこれからもがんばって下さい。
45才 女性

・頑張って下さい!尖閣は日本の領土です!
年齢? 女性

・よくぞがんばってくれました。応援します。政治が狂えば正義が狂う。正義が狂えば社会が狂う!
43才 男性

・いつもお仕事お疲れ様です。感謝の念にたえません。
25才 男性

・日本の為によくやってくれました。尊敬致します。
72才 男性
  


2010年11月05日

尖閣動画 ZERO-TOLERANCE

尖閣で海上保安庁巡視船に衝突した中国漁船の動画youtubeに流出したようです。
現在はまだ視聴できます。

1. http://www.youtube.com/watch?v=JXkawnuyTn8
2. http://www.youtube.com/watch?v=bY0tgl6YLGI
3. http://www.youtube.com/watch?v=3eJsXP4HLVs
4. http://www.youtube.com/watch?v=gOUvdNjs_Cg
5. http://www.youtube.com/watch?v=q3JYT0G94-E
6. http://www.youtube.com/watch?v=A7h0S1nk9Hk

衝突の場面は「4」の2分15秒辺り、「5」の1分16秒辺り、「6」の1分30秒辺り。上記の動画も編集されているようです。

この事実を我々日本人はどう捉えるのでしょうか。他人事として扱うのでしょうか。この事実を前にしても相手国の機嫌をうかがうことが「戦略的互恵関係」なのか。もはやこの「戦略的互恵関係」という言葉はかつての「日中友好」と同じく、日中間の外交交渉を中国優位で進めるための単なる「符牒」に過ぎないのではないでしょうか。我が国日本を取り巻く冷厳な事実を知りながら、民主党・管政権はこの事実を葬り去ろうとした。第二の「盧溝橋」として中国は徹底的に日本を非難する算段でしょう。

民主党・管政権は理解不能な出来事に遭遇した幼児のように、愚にもつかぬ詭弁を弄して国民を欺こうとするのでしょうか。尖閣のみならず、北方領土、竹島、対馬も含めて「日本人の覚悟」が問われていると考えます。




別件ですが、以下は最近興味を持っているOperational network "wiring diagram"。面白いですね。
















  


Posted by けろっぴ at 03:41Comments(0)